« 2011年10月 | メイン | 2011年12月 »

2011年11月11日

ご心配をおかけしました

ここ数日、ちょっとごたごたばたばたしてまして、知人たちからも心配の声をもらってましたが、落ち着いたので、ご報告を。
ライブブというライブ配信番組における、僕の著書に対する著作権侵害の問題です。
これについて、ライブブにて、お詫びの文章が公開されました。

「iPhoneアプリ開発日記」コンテンツ削除のお知らせと著作権侵害に関するお詫び | Libub

ソラノートさんに、きちんと対応していただきました。
途中いろいろやり取りもありましたが、落着です。
ご心配おかけしました。
いろいろメッセージをくれた方、ありがとうございました。

以下、雑感。

今回、問題になったのは著作権侵害ということだったのですが......。

正直、僕の本を教材に、アプリ開発の初心者が学んでいく、その過程で、視聴者も学んでくれるというのは、個人的にはうれしいことでした。
ただ、問題だったのは、事前に連絡がなかった、ということだったと思います。
もし、企画段階で、連絡がもらえていたら、例えば、僕がゲスト講師として出演するという提案もできたかもしれないし(誰得かもしれませんが......)、視聴者プレゼントにサイン入り(誰得......)書籍をプレゼントするという企画の提案もできたかもしれません。

これは、きっと書籍だけの問題じゃなくて、例えば、僕は音楽を作ったりしますが、それを歌いたい、踊りたい、リミックスしたい、ってのも、事前でも(もしかすると事後でも)きちんと連絡もらえれば、喜んで「お願いします!」って言うと思うのです。というか、実際に、大喜びします。
でも、もし、連絡なく、どこかで僕の作品がこっそり使われていたり、無断転載されていたら、ちょっと悲しいというか、寂しいです。「人の著作物を勝手に使いやがって!!」と怒る前に、たぶん、寂しいと思うんです。

インターネットがない時代は、書面でとか電話でとか、面倒だったですけど、今なら、メールでもTwitterでもFacebookメッセージでも、簡単に連絡を取る方法があります。
たった一言「使わせて」があれば、作った人も使う人もみんなハッピーで、気持ちいいし、もっと素晴らしい作品や企画に育つかもしれないですよね。

なので、もし、ネット上に素晴らしい作品があって、それを使いたいと思ったら、めんどくさがらず一言でいいのでメッセージを送ると良いと思います。
あ、使いたいと思わなくても、いいなとか好きだなって思ったら、それを伝えることで、なんか、みんなハッピーになれそうな気がします。

投稿者 CHEEBOW : 13:41

[ MONOLOGUE ]