Twitの高度な使い方

複数の人に返信する

各タブのタイムラインの項目(メッセージは除く)をCTRLキーを押しながらダブルクリックします。
@IDの形式で入力エリアに追加されていきます。
ただし、Twitterが返信として認識するのは最初の@IDのみです。Twitでは、すべての@IDを認識します。

注目ワードでフィルタリングする

ステータスに特定の文字列が含まれていたら、それを注目ワードとして扱うことが出来ます。
注目ワードを含むステータスには「!」マークがつき(アイコン非表示のとき)、「注目ワード」タブに表示されます。
たとえば「オフ」と言う言葉を登録しておけば、オフ会の情報を見逃しません。
ただし、この機能はその文字列を「含む」かどうかで判断されるので「オフセット」と言う言葉にも反応します。
注目ワードは設定の注目ワードタブで追加できます。

お気に入りIDでフィルタリングする

素敵な発言をするユーザや、家族、友達などの発言を見逃さないように、そのユーザのIDをお気に入りIDに追加しましょう。
お気に入りIDに追加したユーザはお気に入りIDタブに表示されるようになります。
お気に入りIDはメニューの「お気に入りIDに追加」で追加するか、設定のお気に入りIDタブでも追加できます。
お気に入りIDから削除する時にはメニューの「お気に入りIDから削除」で追加するか、設定のお気に入りIDタブからでも削除できます。

検索タブを使う

検索タブでは、検索語を入力して、すべてのステータス、ダイレクトメッセージから、ID、本文を含んで検索して、リスト表示することが出来ます。
ユーザIDで検索すれば、そのユーザとそのユーザに対して返信している発言が一覧できて、会話の流れが簡単につかめます。
特定のキーワードで検索すれば、旬のキーワードを含むステータスを一覧することが出来ます。
「@ID+@ID」の書式で検索すると指定したIDのユーザの発言を一覧できます。これは、「@ID+@ID+@ID」のようにして複数のユーザを指定できます。

P3:PeraPeraPrv?互換のキー操作

リストにフォーカスがあるとき、@lynmockさんの開発しているP3互換のキー操作が行えます。

wフォーカスされているユーザのサイトをブラウザで開く
tフォーカスされているユーザのTwitterホームをブラウザで開く
hフォーカスされているユーザのTwitterホームをブラウザで開く
fフォーカスされているステータスをFavoritesに追加する
cフォーカスされているステータスページをブラウザで開く
dフォーカスされているユーザにダイレクトメッセージを送る
rフォーカスされている発言の返信先へジャンプする
aフォーカスされている発言の返信先ユーザのTwitterホームをブラウザで開く
gフォーカスされている発言の発言者の発言を検索する
nフォーカスされている発言の返信先の発言を検索する
bフォーカスされている発言中のURLをブラウザで開く

複数タブを使う

注目ワードタブ、お気に入りIDタブは複数表示して使うことができます。
各タブにはそれぞれ異なる条件を設定できるので、例えば、「友達」を表示するお気に入りIDタブ、「オフ会」に関する情報を収集する注目ワードタブ、「面白い人」を集めるお気に入りIDタブなど、用途に合わせて設定することができます。各タブの名称も自由に変更できます。
タブの表示非表示や、並び順は設定ダイアログの「タブ」で設定できます。
各タブごとに、ポップアップ通知に含むかどうかを選択できます。

発言履歴

入力エリアで「CTRL+↑」と入力すると過去の発言にさかのぼれます。「CTRL+↓」で、戻ることもできます。
リストでで「CTRL+↑」「CTRL+↓」と入力すると選択されているユーザの発言に移動します。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-05-18 (月) 12:46:48 (3078d)