2003年01月11日

読書日記

吉敷竹史の肖像 島田荘司 カッパノベルス

ミステリのトリックは、しょーもないものが多い。だけど、傑作ミステリと呼ばれるもののほとんどが、このしょーもないトリックを中心にしている。
結局、トリックはそれ自体が重要なのではなくて、その演出の仕方が重要だということだ。
で、この本の中の中篇「光る鶴」。
これが、まさにそれ。
しょーもないトリックを、どうしてこんなに面白く演出できるのか。
ぐいぐいと引っ張っていくストーリー運び。乱れながらも力強い文体。
やっぱ、島田荘司は凄いや。

Posted by CHEEBOW at 2003年01月11日 02:27
コメント
この記事へコメントする