2004年11月18日

大切なもの

11/16 日に平野区で盗難に遭い全財産とソースコード入りパソコンが無くなりました。

バックアップ用のもう一台のパソコンも盗まれてしまい、Sleipnir/PictBear SE のソースコードがなくなってしまいました。
PictBear SE はもうすぐ正式版公開を予定しており、Sleipnir もユーザーの方々のご期待に応えられるように 1.67 の開発をしていた途中の出来事でしたので大変ショックです。盗難物が帰ってこない限り開発再開は不可能ですので、上記アプリケーションは開発停止だと思っていただいてかまいません。。。

公式サイトは見られなくなってしまっているので、二次引用になりますが……。
なんだか、つらい話だ。
お金を取られるのは、もちろんつらい。
でも、自分が育ててきたソフトウェアのソースコードがなくなってしまうというのは、もっとつらいような気がする。
災難だ、ってだけじゃ片付けられない。
同じソフトウェア作家として、なんだかとってもつらい。
同情とかではなく、自分のことのように感じてしまう。
創作物はほんとうにほんとうに大切なものなのだ。
それを失ってしまうつらさってのは、想像するだけで胸が痛い。

もしも、奇跡が起こるなら、このパソコンがデータをそのままに作者の元に帰ってきたら良いな、と思う。
切に思う。

Posted by CHEEBOW at 2004年11月18日 12:20 | TrackBack
コメント
この記事へコメントする