2003年03月17日

ええ! どういう原理なの?

こ、こんなことが!? 電ピタを貼った携帯電話を使い続けるうちに、恐ろしくなってきてしまった。なぜなら、電ピタを貼る前はほとんど充電されていなかったはずのバッテリーが、貼ったあとにはフル充電の表示に変わり、それがずっと続いたのだ。

これって、結局どういうものなの?
どういう原理?
知ってる人教えてくださいー。

Posted by CHEEBOW at 2003年03月17日 17:49 | TrackBack
コメント

えーっと。おそらくは端子部分の接触面積を広げるだけのもののような。
端子部分は電極が広がってても実際にふれるのはほとんど点で、なおかつ通電によって表面の導電性が下がるって事があります。
塗りつける物が"ダイヤモンド"といいながら黒いのが胡散臭いですが(笑)、接点復活剤と導電性および通電面を広げるカーボンの様なもんではないかと思います。

もう一個のシールの方は全く不明。磁石?

Posted by: 入倉 on 2003年03月17日 22:14

ありがとー。
僕もこっちのナノカーボンはなんとなく想像がつくんだけど、もう一方のシールが分からない。
なんなんだろう、これ。

Posted by: CHEEBOW on 2003年03月18日 10:11

んー。バッテリ内部のイオンの状態を安定させる?物みたいですね。
って調べたら原理について説明してあるの発見。
http://www.threehills.co.jp/denpita/sikumi.htm
"イオンの流れを整える"だから磁石だな。多分。(笑)

Posted by: 入倉 on 2003年03月18日 13:48

磁石……。
でも、こういうの面白い。
原理は単純なんだね、きっと。

Posted by: CHEEBOW on 2003年03月18日 16:21

人間でも年をとると血管にコレステロールが溜まるように、リチウムイオンバッテリーも使用回数を重ねると、イオンのカスが溜まっていきます。
ですから古い携帯ほどすぐ充電完了するけど、すぐにバッテリー切れを起こす、という結果になります(バッテリー内がイオンのカスだらけになってる)。電ピタは(わかりやすく言えば)このイオンのカスを取ってやるシールです。

あと裏技なんですが・・・

1枚だけ貼ってももちろん効きますが、2枚買って頂き、電ピタでバッテリーをはさんで”サンドイッチ状態”にしてやると、効果は倍増します。

Posted by: denpita on 2003年05月03日 17:12

わわ。会社の方ですか? もしかして>denpita
分かりやすい説明ありがとうございました。
ふむー。サンドイッチですね。

Posted by: CHEEBOW on 2003年05月04日 22:13
この記事へコメントする