2004年03月14日

読書日記

半身 サラ・ウォーターズ 創元推理文庫

昨年のミステリベスト系でかなり高評価だった作品。
読みかけてはやめ、読みかけてはやめ、でぜんぜん読めなかったんですが、今回は腰をすえて読んでみました。
……で、結論。

傑作!
すごく面白かった!
最初の方は読みにくいんだけど、だんだんそれに慣れていくと、その圧倒的な描写力に圧倒されます。
作品の中の世界が、目の前に広がっていきます。
どこに落ち着こうとしているのか分からない作品で、これはミステリなのか、幻想小説なのか、それすらも分からないまま、読者は物語をさまよっていくことになります。
そして、最後に……。

と、これは言わないほうが良いでしょう。

ただ言えるのは、「半身」は傑作であるということ。
「半身」を読むことは至福でありました。

Posted by CHEEBOW at 2004年03月14日 14:07 | TrackBack
コメント
この記事へコメントする